マツダは今こそTHS搭載ハイブリッド車を国内でも販売すべき 電動化に乗り遅れるな

スポンサーリンク
マツダ車車・ガジェット

少し前になりますが、マツダがトヨタと提携して米国、中国、欧州でトヨタのTHS(トヨタ製ハイブリッドシステム)搭載ハイブリッド車を販売することが報じられました。

欧州ではヤリスHVのOEM車を販売するようですが、米中ではマツダ車にTHSを載せる模様。これまでマツダは電動化に出遅れていましたが、ここにきてようやく対応の道筋が見えてきました。

ただし、今のところこのTHS搭載車が国内投入される予定はありません。おそらく、以前発売したアクセラハイブリッドの販売が大コケしたことも影響しているのでしょう。しかしながら、私はTHSを搭載したマツダ車のニーズは確実にあると信じています。マツダは恐れることなくハイブリッド車の国内投入を進めて欲しいと思います。

以下ではマツダのハイブリッド車国内投入を応援するために、アクセラハイブリッドが売れなかった理由と、国内にもハイブリッド車を導入すべき理由についてまとめてみます。

アクセラハイブリッドが売れなかった本当の理由

マツダはアクセラハイブリッドが売れなかった理由を「(ハイブリッドは)ユーザーに求められていないから」と考えている節があります。

確かにアクセラハイブリッドが出た当時はディーゼル人気が高く、敢えてハイブリッドを選ぶユーザーが少なかったのも理由の1つだと思います。

ただ、アクセラハイブリッドが売れなかった直接的な要因は、①人気のないセダンにしかハイブリッドの設定がなく、②レーダークルーズや衝突安全装置も付けられない仕様であったことだと考えています。

ハイブリッドを購入するような人は新しもの好きです。なのにオヤジ臭いセダンしかなく、しかも、ノーマルのガソリン車にすらついているレーダークルーズが付けられない。マツダも売る気がなかったのかもしれませんが、こんなもの誰が買うのかって話です。

今ハイブリッド車が求められている理由

これまではディーゼルの人気が強く、ハイブリッドなんて用意する必要はなかったかもしれませんが、このコロナ禍を受けて状況は変わりました。クリーンディーゼルはエコカー補助金の対象外となり、電動化されていない車は悪といった雰囲気が広がりつつあります。

電動車の環境負荷が必ずしも低くないというマツダの言い分も分かりますが、世間は分かってくれる人ばかりではありません。生き残るためには国内でもハイブリッド車を早期に導入する必要があると思います。

また、マツダはプレミアム路線を更に強化させているわけですので、静かで燃費が良くパワフルなTHSは大きな付加価値になると思います。価格的にもSKYACTIV-Xより安くできるでしょうから、セダン専用かつ安全装備が貧弱というアクセラハイブリッドの過ちを繰り返さなければ、国内でもそれなりに売れると思います。

市場もマツダの電動化を求めている

エンジン自体の性能向上を目指すことは素晴らしいことだと思いますし、必要なことだとも思いますが、今マツダが進めようとしている直6&FR化は単なるマーケティング対策の色合いが強く、しかも市場が求めるものと少しずれているように感じます。

いざ蓋を開けてみて「(直6エンジンは)思ったよりニーズがあった」となればそれは嬉しいことですが、電動化発表後からの株価の上昇を見ると、今求められているのは直6&FR化によるプレミアム路線ではなく、電動化への対応なのではないかと思わざるを得ません。

個人的にも静かなTHSを積んだマツダ車が投入されれば是非乗ってみたいと思いますし、是非ともハイブリッド車の国内投入に期待したいです。

コメント