hp ENVY x360 13を買うのは待った!もう新機種でちゃうよ?

スポンサーリンク
hp ENVY x360 13型車・ガジェット

この半月くらい、ノートパソコンを買おうと思い立ち色々調べていました。重視するポイントは①画面が綺麗(広視野角、発色良し)で②メモリ16GB、そして③安いこと。

そこで見つけたのがhp ENVY x360 13。上記条件を高いレベルで満たしており、しかもタッチパネル・指紋認証つき、アルミ筐体でデザインも良い。下手な国内のショップPCよりよっぽど安くてスペックも高い。

「これでお値段10万円切りなのだから言うことなしだ!」と思わずカートにぶち込んだのですが、ふと思い立ち後継機の情報を調べてみたところ、アメリカではすでにRyzen4000番台が搭載された新機種が発売されていました

Ryzen4000番台はCPUの製造プロセスが12nmから7nmに微細化されており、省電力化&発熱の減少が図られています。これによってバッテリー稼働時間(公称)は14時間台から17時間台に伸びています。

また、国内で販売されている旧ENVY x360 13は発熱による動作クロック制限が問題になっており、この軽減も見込まれます。

しかも米国での販売価格は旧モデルの初出価格より100ドル安い。モデル末期の旧モデル価格と比べてもそこまで値上がりしないでしょう。

私の場合、急ぎではないし、旧モデルの納期を待ってる間に新モデルの国内発売が始まってしまいそうなので、そうなるときっと後悔するだろうなと思い、新モデルを待つことにしました。

hp ENVY x360 13のモデルチェンジ時期、新価格に関する予測はこちら

hp ENVY x360 13のモデルチェンジ情報〜後継機の国内販売はいつ?価格は?〜
hpの高コスパコンバーチブルノートPC、ENVY x360 13の国内販売開始日や価格について、米国での発売事例を参考に推察。

コメント