スポンサーリンク

Apogee Symphony DesktopとSymphony I/O mkⅡ 8×8のテスト結果比較 Symphony Desktopは本当にSymphony I/O mkⅡと遜色ない性能があるのか?

Apogee Symphony Desktop趣味

前回の記事でApogee Symphony Desktopの使用チップとRMAAテスト結果についてまとめました。今回は、Symphony DesktopとSymphony I/O mk2の性能がどれくらい違うのかが気になったのでまとめてみました。

なお、今回比較しているのはSymphony I/O mk2の8×8モジュールです。より設計が新しい2×6 SEモジュールと比較すると異なる結果となる可能性がありますのでご注意ください。

スポンサーリンク

使用チップの比較

設計が新しいということもありますが、Symphony Desktopに使用されているADC/DACの方が総じてスペックは高いです(例えばAKM5574のダイナミックレンジは124dB、 AK5538は111dB)。

Symphony DesktopSymphony I/O mk2 8×8
ADCAK5574(Dual-mono mode)AK5388
DACES9016S/ES9028Q2MES9018/AK4490(Headphone)
スポンサーリンク

RMAAテスト結果の比較

実際のRMAAテスト結果を見ても、Symphony Desktopの計測値がSymphony I/O mk2と同等以上の結果をマークしています。8×8との比較であれば、Symphony Desktopは引けを取らないと言っても嘘にはならないでしょう。

Symphony DesktopSymphony I/O mk2 8×8
Frequency Response, dB+0.01,-0.06+0.00,-0.15
Noise level, dB(A)-123.3-120.1
Dynamic Range, dB(A)122.9120.0
THD, %0.000250.0002
THD+N, dB(A)-108.8-108.8
IMD+N, %0.000610.0006
Stereo Crosstalk, dB-123.1-120.1
IMD@10kHz, %0.000420.0006
スポンサーリンク

まとめ

Symphony DesktopとSymphony I/O mk2は使用チップ、実測値ともほぼ遜色ないことが分かりました。なお、比較テストはラインアウト→ラインインのループバックテストなので、ヘッドフォンアウトの実測値は分かりませんが、スペックやチップの仕様等を見る限り、遜色ないと言って差し支えなさそうです。

価格差やマイクプリエミュレーションなどの機能を考えても、Symphony Desktopはなかなか良い線行っているのではないでしょうか。突然の値上げで強気だなぁと思いましたが、自社のハイエンド製品とのバランスを考えると最初の価格は安すぎた、ということなのかもしれません。

スポンサーリンク

Symphony Desktopを購入するならこちら

【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ
楽天市場はインターネット通販が楽しめる総合ショッピングモール。楽天スーパーポイントがどんどん貯まる!使える!毎日お得なクーポンも。あす楽利用で翌日にお届け。食品から家電、ファッション、ベビー用品、コスメまで、充実の品揃え。

コメント