佐賀らしからぬリゾートホテル、唐津シーサイドホテル東館に泊まる!写真付き口コミレビュー

5.0
スポンサーリンク
唐津シーサイドホテル外観旅行・観光

なかなか外出できませんが、流石に旅行でも行きたいですね。過去に泊まったホテルを懐かしみ、紹介していきたいと思います。今日は佐賀の唐津シーサイドホテルです。

唐津シーサイドホテル外観

唐津シーサイドホテル東館とは?

唐津シーサイドホテルは化粧品やサプリメントなどで有名なDHCが運営するホテルです。もともと地元のバス会社が運営していましたが、唐津シーサイドホテルが引き継ぎました。東館は2019年にオープンした新棟で、各種岩盤浴を備えた温泉大浴場に、屋上の絶景露天風呂など非常に贅沢なつくりとなっています。

唐津シーサイドホテルの客室

客室は一番安い部屋でしたが、必要十分な広さでベッドも広く、ふかふかでした。全室オーシャンビューで見晴らしもいいです。館内着のデザインもおしゃれで、冷蔵庫内の飲み物やスナック菓子なども全て無料でした。

唐津シーサイドホテルの大浴場

なんといってもこのホテルの売りはスパです。屋上の露天風呂プールや岩盤浴コーナーは水着に着替えて男女で利用できます。屋上からは虹の松原を一望でき、とても爽快な気分になれますよ。岩盤浴も、部屋ごとに温度や香りが違ってリラックスできます。指定の順番で岩盤浴を巡ると効果が高いということで、分かりやすい案内板も掲示されていました。ミネラルウォーターやバスローブ、タオルも自由に使えるので非常に快適なホテルライフを過ごせます。アメニティ類もDHC運営ということで、化粧水や乳液など、よさげなものが置いてありました。

唐津シーサイドホテルのレストラン

夕食はビュッフェレストランと和食レストランがあるようです。和食レストランでは地元産のイカなどの料理が楽しめるようですが、今回はビュッフェレストラン「月波楼」を利用しました。ビュッフェ形式ながら、地元産の鮮魚、いかにふぐ、ステーキ、手作りのデザートなど、コース料理のような豪華なメニューがたくさんあり、とても美味しく、楽しい食事を楽しめました。コロナで状況が変わっているかもしれませんが、ご利用の際はご注意ください。

朝食も同じ会場でしたが、地元産の食材を使ったビュッフェでこちらも非常に満足感が高いものでした。

唐津シーサイドホテルのその他の設備

これまでご紹介したもの以外にもフィットネスジムやプールもあり、一汗流すことができます。

まとめ

沖縄も含めて様々なリゾートホテルに泊まってきましたが、綺麗で快適なだけでなく温泉、食事などに特徴があり、滞在するのが非常に楽しいホテルです。通常時の宿泊料金は安くても1人2万円台半ば~のようですが、今ならGoToキャンペーンなどでお得に泊まれるかと思います。感染対策を十分とったうえで、ゆっくりリラックスしてみてはいかがでしょうか。

予約はこちらから(じゃらん<唐津シーサイドホテル>)

予約はこちらから(楽天トラベル<唐津シーサイドホテル>)

コメント