hp ENVY x360 13のライバル、Lenovo YOGA C740 14が安くなってきていい感じ!

スポンサーリンク
Lenovo YOGA C740車・ガジェット

先日来、hpのENVY x360 13のモデルチェンジに関する記事を書いてきましたが、ここに来て、ライバル機といえるLenovo YOGA C740の値段が下がっており、コスパ面でも魅力的となってきているのでご紹介します。

Lenovo YOGA C740 14って何?

hLenovo YOGA C740 14は、hp ENVY x360 13と似たようなコンバーチブルノートPCです。メーカーはレノボで、最廉価モデルは7万円台から、パフォーマンスモデルは10万円前後となっています。

ベゼルも薄く、アイアングレー(素材はアルミ)の実感も悪くないです。

Lenovo Yoga C740 (14) | スマートなパフォーマンスの14型マルチモード2-in-1ノートPC | レノボジャパン
最Yoga C740(14)は最新の第10世代インテル®Core™ プロセッサー、ナローベゼルのノングレアFHD IPS液晶、Dolby Atmos™対応スピーカー、プライバシーを保護する機能を搭載した14型のマルチモード2-in-1 ノートPC です。

hp ENVY x360 13とLenovo YOGA C740 14の違いは?

それでは早速比較をしてみます。まずサイズ、重量が若干違います。ENVY x360 13は13.3インチ、1.28kgに対し、YOGA C740 14は14インチ、1.4kgです。

また、CPUはENVY x360 13がAMD のRyzen Mobileを搭載しているのに対し、YOGA C740 14は第10世代intel coreプロセッサを搭載しています。処理性能的には、現行のENVY x360 13とYOGA C740 14の比較ではシングルコア性能はYOGAの方が上ですが、マルチコアはENVY の方が高そうです。ただし、現行ENVYは排熱性能が悪く、高負荷の作業を続けると処理速度が極端に落ちてしまうので、こうした使い方をする場合はYOGAの方が良さそうです。

今後発売される予定の新型ENVY x360とYOGA C740 14との比較ではシングルコア性能はほぼ同等か若干ENVYが上、マルチコア性能は圧倒的にENVYが上という形になりそうです。

価格はハイパフォーマンスモデルでENVY x360 13が99,000円、YOGA C740 14は今年3月に発売されてから徐々に値を下げており、現在は直販サイトで102,000円になっています。YOGA C740のハイパフォーマンスモデルには最初からアクティブペンが附属していて、実質的な価格差は殆どありません。

このほか細かい比較は後日したいと思いますが、YOGA C740 14にはmicroSDカードリーダーが内蔵されていないのはユーザーを選ぶかもしれません。

まとめ

Lenovo YOGA C740 14はhp ENVY x360 13(現行モデル)と比べて

・ちょっと重いがその分画面も大きい。

・値段はほぼ同等、コスパは良い。

・性能もほぼ同等。ただし高負荷で使用するなら排熱が悪いENVYより有利。

・microSDカードリーダーが内蔵されていない。

個人的にはYOGAの外観の方がシンプルだし、あまり持ち運びもしないので画面が大きいのも魅力的だなぁと思い始めた次第です。ENVYが新モデルを早く出してくれないとYOGAを買っちゃいそうです(YOGAは値下がりしている一方でENVYはモデルチェンジで多少値段も上がりますしね)。

コメント