2020年モデルhp ENVY x360 13の発売開始で2019年モデルがちょっと値下がりしてるよ、あと、Lenovo YOGA C740 14もオススメ

スポンサーリンク
hp ENVY x360 13型 2019年モデル車・ガジェット
hp ENVY x360 13 2020年モデル国内発表!7月上旬以降発売、価格は割高
hp ENVY x360 13 2020年モデルの国内販売情報。

上述の通り、先日記事にしましたが、hp ENVY x360 13の2020年モデルが発表されました。ハイパフォーマンスモデルは税込み14万越えということで、ギリ10万切りだった2019年モデルから大きく値上がりしてしまいました。

2020年モデルは見た目がスタイリッシュになり、スペックも向上し、排熱も良くなっているので、今買うなら新モデルの方が後悔はないと思いますが、4万も違うなら旧モデルが良いという方もいらっしゃるかもしれません。

ということで、改めて、今、旧モデルを買う際のポイントをまとめてみました。ついでに競合機種Lenovo YOGA C740 14についてもご紹介します。

2019年モデルは新モデル発売によってちょっとだけ値下がりしている

2020年モデル発売直前の2019年モデルは68,000円、74,000円、90,000円(税別)で売られていました。これが、今は68,000円、73,000円、88,000円と、中上級モデルで若干値下がりしています。しかも、納期も在庫あり・5営業日ということで、かなり早くなっています。

因みに、2020年モデルは94,800円、104,800円、129,800円です。

2019年モデルにはホワイトおよびウッドエディションがある

2020年モデルの外装は、今のところ黒のみです。昨年と同様であれば、12月ごろにホワイトなど追加の外装が用意される可能性がありますが、今、ホワイトやウッドエディションが欲しいという方には2019年モデルが選択肢になり得ます。

気を付けて頂きたいのは、ウッドエディションは液晶画面の品質が若干落ちること。スペック上フルブライトビュー液晶ではなくなっているほか、実機で確認しても画面の周縁部の色合いが若干異なるので、気になる方は気になるかもしれません。

Lenovo YOGA C740 14もオススメ

話は逸れますが、Lenovo YOGA C740 14もコスパが高くお勧めです。紹介記事については過去に書いていますが(下記リンク参照)、私も先日購入し、満足度は非常に高いです。ENVYが13インチに対してYOGAは14インチなので、コンパクトさ重視の方にはオススメできませんが、なんだかんだ言ってDTMとかやる場合は多少画面が大きいほうが作業しやすいので、14インチも有りだと思います。

Lenovo YOGA C740 購入したよ!使ってみた感想レビュー
Lenovo YOGA C740 14の購入レビュー。購入して良かった点、改善要望のど。
hp ENVY x360 13のモデルチェンジを待てずにlenovo YOGA C740を買ってしまった話
hp ENVY x360 13のモデルチェンジを待ちきれずにLenovo YOGA C740 14を購入した話。
hp ENVY x360 13(2020年モデル)とLenovo YOGA C740を比較してみたよ!
高コスパコンバーチブルノートPC、ENVY x360 13とYOGA C740 14を比較します。

コメント